仏教のわかる話

成城山耕雲寺

第16話 お経について@


お経の由来

私共仏教徒であるならばお経は必ず耳にした事があると思います。 お寺での法事の時、あるいは自宅にて経本を目にしながら読む場合等がありますが、お経というのはお釈迦様がお悟りを開かれ、後に人々に説いた教えです。「八万四千の法門」とか「八万四千十二部の教え」というように莫大な数のお経があり、その中にはお釈迦様が自から説かれたものと、お釈迦様の仏弟子達に乞われて説いたものとがあります。

お経の広まり

お釈迦様の滅後弟子達が説かれた教えをまとめ結集したものがインドの俗語(プラクリット)に記されるようになりました。
これがパーリー語の南伝大蔵経及び梵語(サンスクリット)の北伝大蔵経の二大経典集になり、梵語が後に漢訳されてわが国に伝わる大正新修大蔵になっていきました。





成城山耕雲寺成城山耕雲寺
成城山耕雲寺
東京都世田谷区砧7-12-22 電話 03-3416-1735 FAX 03-3416-0392
Copyright© 2006-2008 seijozan kouunji All rights reserved.