仏教のわかる話

成城山耕雲寺

第21話 如来と菩薩について


如来とは?

如来とは「かくの如く来る」という梵語の「タターガタ」を漢訳したもので釈迦や阿弥陀のように真理(真如)に至り、真理を示す最高の仏として釈迦如来や阿弥陀如来として呼ぶようになりあがめられてきました。
この如来は釈迦の出家した姿をもとにして仏像として作られていきました。

菩薩とは?

菩薩とは梵語の「ボディサットバ」を音写した物の略字で如来の分身や仏になる資格をもった修行途上の人を呼びますが、もともとは仏となった釈迦の生前のことをさしました。立っている像が大部分で種類も多く、良く知られているのに観音菩薩があります。
すでに悟られた如来は悟りの途中の菩薩と比べると、位においては上ですが、親しみやすさにおいては菩薩の事もあります。


成城山耕雲寺成城山耕雲寺
成城山耕雲寺
東京都世田谷区砧7-12-22 電話 03-3416-1735 FAX 03-3416-0392
Copyright© 2006-2008 seijozan kouunji All rights reserved.