仏教のわかる話

成城山耕雲寺

第37話 戒名(かいみょう)について(1)

ひとがなくなると故人を葬る儀式を行います。その時、一般的に戒名をつけて葬儀を行い個人を偲びます。

戒名とはお釈迦さまのみ弟子となって、仏弟子にふさわしい名をいただき、安楽な境涯を送る。
すなわち成仏(じょうぶつ)するという意味が込められているのです。
元来「戒法を受けた人の名前」のことで仏教の発祥地インドでは、出家者を釈子(しゃくし)、沙門(しゃもん)とよび、在家の人は俗名でよばれていました。
中国に伝来してからは仏教の戒法を受けた僧侶には法名(ほうみょう)が与えられ、これを戒名と呼んだのが始まりです。
日本では鎌倉時代から戒名が始まりましたが、最初は僧侶だけの名であり、以後次第に在家の信者にも授けられるようになりました。

近年仏教による葬式、法事が盛んになり、故人を成仏させるための追福の慈悲の心から故人にも授戒したことを証明する「血脈(けちみやく)」を葬儀の時に与えて戒名を追贈したのです。
俗名で葬儀を行うと成仏せずその霊は亡霊として宙にさまようとも考えられています。戒名をつけて葬儀を行った方が故人は安心して成仏できるということでしょうか。


 
成城山耕雲寺成城山耕雲寺
成城山耕雲寺
東京都世田谷区砧7-12-22 電話 03-3416-1735 FAX 03-3416-0392
Copyright© 2006-2008 seijozan kouunji All rights reserved.