仏教から生まれた日常の言葉

成城山耕雲寺

「諦める (あきらめる)」

一般的には、どうにかしようという気持ちを捨てさせることで、消極的なマイナスイメージをもっていることばです。
この語は、仏教に起源をもっていますが、仏教では最高のプラスイメージをもったことばなのです。
「諦」は、「真実」を意味するインド古語サンスクリット語からの漢訳語です。したがって「諦める」は「真実を明らかに知る」「さとる」という意味をもっています。
真実をさとれば、ああもしよう、こうもしようとして、あくせくすることもなく、なにが起きてもジタバタすることがない。
こんなけっこうなことはないのですが、一般的につかわれている意味合いは、その反対になってしまっているのです。

「ことばの旅」静岡県成道寺住職伊久美清智師、著より


 
成城山耕雲寺成城山耕雲寺
成城山耕雲寺
東京都世田谷区砧7-12-22 電話 03-3416-1735 FAX 03-3416-0392
Copyright© 2006-2008 seijozan kouunji All rights reserved.