仏教から生まれた日常の言葉

成城山耕雲寺

おっくう

 「おっくうな仕事だ」とか「そんなことは、おっくうだ」と使われる『おっくう』という言葉があります。語源は「百千万億劫」の上三文字を省略した「億劫」(おくこう)が元になっているといわれます。
「劫」とは時間を表す単位で、とてつもなく長い時間のことをいい、一劫とは四億三千二百万年という説もあります。つまり「百千万億劫」とは、想像を絶した思考の及ばない数で、気の遠くなるような時間のことです。「面倒くさい」の意味に使われ、たいへん手間がかかり、多くの時間を費やすようなことを表わすのに「億劫(おくこう)なことだ」が「おっくう」になったということです。
この地球上に生物が現われたのが五億年程前、人類が生息を始めたのが二万五千年くらい前だといわれますが、いつになったら全世界が平和で住みやすい世の中になるのでしょうか。それこそ「億劫」も先の話なのかもしれません。

静岡県成道寺 伊久美 清智師 著より


 
成城山耕雲寺成城山耕雲寺
成城山耕雲寺
東京都世田谷区砧7-12-22 電話 03-3416-1735 FAX 03-3416-0392
Copyright© 2006-2008 seijozan kouunji All rights reserved.