仏教から生まれた日常の言葉

成城山耕雲寺

我慢(がまん)

 「苦しくても我慢する」「やせ我慢」などと使われる「我慢」は、耐える、辛抱するという意味ですが、本来、辛抱とは全く関係のない言葉でした。「我」は自分、「慢」は慢心のことで、おごり高ぶる心を意味します。つまり、自分を高く評価して心が高慢であること。または、自分自身に固執して他人をあなどること。
 言いかえれば、うぬ惚れ、思い上がりのことを指します。  この我慢が、辛抱という意味に用いられるようになったのは、おそらく自尊心という我が、ある程度強くなければ、苦難を辛抱するだけの気力が出ないと考えられたところから、辛抱の意味に用いられるようになったのではないでしょうか。

 『長所もうぬ惚れると短所となり、短所も自覚すれば長所となる』

静岡県成道寺 伊久美 清智師 著より


 
成城山耕雲寺成城山耕雲寺
成城山耕雲寺
東京都世田谷区砧7-12-22 電話 03-3416-1735 FAX 03-3416-0392
Copyright© 2006-2008 seijozan kouunji All rights reserved.