仏教から生まれた日常の言葉

成城山耕雲寺

玄人(くろうと)

 いまは「その道の専門家」という意味に用いられていますが、もとは中国で使われていた仏教用語です。
 「玄」(げん)は「黒」のことですが、「墨染の衣」(すみぞめ)というように、中国ではお坊さんは、基本的に黒い衣を着ていたので「玄人」、つまり「黒い人」というのはお坊さんのことをいいました。その対比で、お坊さんではない人のことを、「素人」(しろうと)つまり「白い人」とよんだのでした。やがて、お坊さんのことだけでなく、広く「その道の専門家」という意味に用いられるようになりました。価値多様化の現代、とかく玄人は、その専門のワクゆえに、えてして時代に取り残されがち、保守的になりがちです。「しょせん、素人の考えることは」などとタカをくくっていると、井の中のかわずになりかねません。
 専門家の道もなかなか厳しいものがあります。しかし今日では、「プロフェッショナル」あるいは「その道のプロ」と言った方が通りがいいようです。

静岡県成道寺 伊久美 清智師 著より


 
成城山耕雲寺成城山耕雲寺
成城山耕雲寺
東京都世田谷区砧7-12-22 電話 03-3416-1735 FAX 03-3416-0392
Copyright© 2006-2008 seijozan kouunji All rights reserved.