仏教から生まれた日常の言葉

成城山耕雲寺

第58 自業自得(じごうじとく)

 「誰の責任でもない。本人が勝手に望んでやった報いなのだから、自業自得だ」というように用いられます。この言葉は、サンスクリット語の漢訳語で直訳すると「自分の行ったものごとを自分で獲得すること」となります。なにかを言ったりやったりすれば、必ずその結果が自分にもたらされる。逆に、なにかが起きたならば、それはかつての自分の行ないが原因になっているというのが、古代インドの業(ごう)という考え方です。ここで重要なのは「自分」なのであって、とかく、なにか具合の悪いことをしたら、他人に責任転嫁をしようという人がいますが、善いことをすれば善い結果が、悪いことをすれば悪い結果が自分にもたらされる「因果応報」ということもあります。
 今日の結果が明日現れるとは限らない。十年後、あるいは三十年後かも知れない。毎日、善い種まきをしたいものです。

静岡県成道寺 伊久美 清智師 著より


 
成城山耕雲寺成城山耕雲寺
成城山耕雲寺
東京都世田谷区砧7-12-22 電話 03-3416-1735 FAX 03-3416-0392
Copyright© 2006-2008 seijozan kouunji All rights reserved.