仏教から生まれた日常の言葉

成城山耕雲寺

第95話 道場(どうじょう)

 「道場」といえば、誰でも思い浮かべるのは柔道場や剣道場でしょう。そのほか囲碁や将棋の教習所、カラオケ教室なども「道場」と呼んでいるところがあります。「道場」とは本来「仏道修行場」のことで、略して「道場」といいます。仏道修行場といえば、寺院がそれに当たるわけで、したがってお寺は道場といってよいでしょう。しかし、道場といえば建物を連想しますが、建物がなくても修行はできますし、どんなところでも道場でないところはありません。

 昔、お釈迦さまの弟子のひとりが維摩(ゆいま)という仏教の篤信者と出会い、「修業道場はどこですか」と尋ねたところ、維摩は「直心是道場(じきしんこれどうじょう)」と答えました。「偽りや邪念のない素直な心さえあれば、どこにいても修行の道場だ」という意味です。このことからいえば、職場や家庭だけでなく、その人のいるところすべてが修行の場所であり、道場ということができます。

静岡県成道寺 伊久美 清智師 著より


 
成城山耕雲寺成城山耕雲寺
成城山耕雲寺
東京都世田谷区砧7-12-22 電話 03-3416-1735 FAX 03-3416-0392
Copyright© 2006-2008 seijozan kouunji All rights reserved.